役に立つかどうか分からないあれこれ

(2018年)パーティーパーティに参加してみた感想【お見合いパーティー体験談】

time 2018/01/22

申し込みイベント

日時:1月某日16時台開始
場所:恵比寿(JR恵比寿駅より徒歩2分)
イベント名:一流企業or財閥系企業or公務員or年収550万円以上のエリート企業/連絡先交換自由/1対1の自己紹介タイム参加費:1500円



えぇ、なにもかも安牌を選んだわたしは意気地なしです。まず、仕事終わりのべとべとな格好で行くのはないということで、平日の夜は却下しました(化粧直しの仕方がわからんのです)。そして最悪の結果になった時に自分を励ます時間を確保するため、翌日が休みの日を選びました。それに当てはまった日時のイベントの場所が恵比寿だった、それだけです。ちなみに公務員の方との出会いを期待してました(小声)。予約は4日前に行いましたが、早割(500円割引)適用で上記の料金でした。申し込みと同時にクレジットカード決済払い完了。もう逃げられないぞ…。

当日、イベント会場まで

当日は昼前に起床し、とりあえずシャワーを浴びました。特に意味はありません。CSでアニメ(ハンターハンター)を見ながら、うだうだと準備を始めます。

…とっても気が乗りません。

いやいや金は払ったんだ!ベルトコンベアーのように、やってくる相手に基本情報を述べればいいんだ!と言い聞かせつつ、服を着ます。

…とっても気が乗りません。

いやいや金は払ったんだ!ベルトコンベアーのように、やってくる相手に基本情報を述べればいいんだ!と言い聞かせつつ、化粧をします。さっきから思考がループしてます。

我が家から恵比寿の目的地まで徒歩移動含めても30分弱です。意を決し、必要な持ち物(身分証明書、筆記用具)をカバンに入れ、イベント開始時刻の1時間前に家を出ました。

イベント会場到着

イベント開始時刻25分前に恵比寿駅到着(なんという正確無比!)。受付開始は20分前からだったので、20分前に会場着を目安に移動を開始しましたが、本当に駅徒歩2分でした。かくして、会場に着いたのがきっかり20分前でした。

…誰もいない。

早すぎたのかな、気合入りすぎって思われるのかな…とガタガタ震えてたところ、突如受付の女性が現れました。「すみません~」とか話しつつ、身分証明書を提出し、iPadを受け取りました。別の係の男性に「〇番の方はこちらです~」とブースへ案内されました。会場の様子ですが、なんというか、自習室のようです。壁にぴったりとついた長机があり、壁に向かってイスが2却並んでました。廊下側の仕切りはなく、ブースから廊下を歩く別の参加者が丸見えです(もちろん廊下側からも丸見え)。

そんな中、iPadの画面の案内の通りに進んでください~みたいな事を言われ(うろ覚え)、その通りにiPadを操作していくことに。

いきなり画面にはエラーメッセージが表示されました。

小心者なので、予約したイベントと違う会場来ちゃった?とか、時間間違えた?とか一人でワナワナしてましたが、どうやら違う参加者用のiPadが渡されていたようです。私用のiPadと交換し、改めて操作を開始します。順調に画面の案内通り進むと、本日の相手さんのプロフィールが一覧で見れました。ちなみに同性のプロフィールは見れません。また、プロフィールに記載の名前は苗字だけで名前の記載はありません。その他居住地や職種、趣味など、事前にWebで入力した情報が表示されていました。そこで相手方の人数が9人だと判明します。私と同じ年齢の方は一人しかおらず、他8人は皆年上でした。

フムフム、と全然頭に入ってこないプロフィールを眺めていたところ、「こんにちわ~」と同じ番号の男性がブースに入ってきました。

えぇ!!うそ!まだ始まってないのにもう始まってる!?

完全なるリサーチ不足です。開始時間になるまでブース待機なのですが、それは相手方も同じでした。すでに2人きりの空間が出来上がっております。開始時間まで当たり障りのない自己紹介を行いました。10分くらいでしょうか。正直、テンパりました。他のブースからもざわざわと会話が聞こえます。筆者は会場が暑くて、顔が火照っているのが分かりました。きっと相手には恥ずかしさで赤くなっているのかな~なんて思われていると思ったら本当に恥ずかしくてしょうがなかったです…。

イベント開始~自己紹介タイム(一人6分間)

定刻になり、イベントの流れの簡単な説明がありました。廊下から係の方の声だけが聞こえます。「1対1で、各6分間の自己紹介です。初めに〇番の〇〇ですと伝えてください。時間になったら係りの人が声をかけ、男性の方が荷物を持って番号の多いブースへ移動します。」確かそんなもんでした。

そしてさぁ開始です!iPadのプロフィールを参考に自己紹介をします。お分かりの通り、一番最初の同じブースの人とはすでに10分ほど会話しています。気を取り直して、再度自己紹介タイムです。


①一人目、同い年の消防士

これぞ期待していた職業!唯一の同い年!出身地と、部活動について話しました。なんだか友達の友達って感じです。悪くないな…保留…。

②弁護士

仕事の話をしました。年収たっか!…保留…。

③会社員

私のブースに来て早々、「かわいいね~かわいいってよく言われるでしょ?」

…言われません。

その成り(どこからどうみても奥手っぽい)で、チャラ男みたいな発言って…解せない。

④高身長、会社員

覚えてない。意識が3メートルくらい先を浮遊中でした。

⑤高身長、会社員

神社巡りが趣味らしく、今日のため、午前中に縁結びの神社にお参りにいったそう。「効果ありました?」「ありました」

…怖い怖い!そんなトロンとした目で言わないで!

⑥でかい、化粧品メーカー社員

こんにちわーと言いながら入ってきたときのインパクトったら!とにかく芸術的な外ハネの髪型に目が行ってしまった。このイベントに来てなかったら間違いなく第一印象はゲイ。

⑦IT系

元気がないというか、大人の余裕を感じました。私のような小娘に興味がなさそうな感じ。だがしかし、理系は嫌いではない。…保留

⑧男性

覚えてない

⑨おされ系男子、エンジニア

自分でこの成りはウケが悪い!と断言してました。どう返せばいいんでしょう。わたしは「そんなことないよ!」といって欲しい人に対して、口が裂けても「そんなことないよ」なんて言わない主義ですので、期待するお答えはもちろんしてあげませんでした。この手のお見合いパーティに慣れてるようで、連絡先の交換を推してきました。…保留


以上、一人6分間でしたが、想像以上に足りないというか、あっという間です!

iPadには、各印象(職業、服装、とかだったはず)を5段階?で記録しておくことができるのですが、正直そんな暇ありませんでした。移動する男性はもっと時間がないはずです。ちなみに、各プロフィールのページに連絡先交換ボタンがあり、交換したい人に対してボタンを押します。ちなみに、いいなアピールが始まると連絡先交換ボタンの画面へ戻れませんので、この時点で交換したい人のボタンを押しておく必要があります。

いいなアピールタイム

自己紹介が1周し、初めの消防士がブースに帰ってきました。…このシステム忘れてた!!

このままいいなアピールタイムに突入します。iPadの画面が進み、相手の一覧が表示されます。いいなと思った相手の”いいなボタン”をタップします。ここでの人数制限はないので、全員にいいなする事も可能です。ちなみにわたしは、誰が誰だったか思い出しながらだったので、かなり必死でした。記憶力…。

結局は、まじめにいいなと思った男性のみ”いいなボタン”をタップしました。4人です。この時点で、同じブースの消防士さんの存在の気まずさに気づきます。

続いて、相手からの”いいねアピール”が表示されます。ここで、自分のいいねと、相手からのいいねを見比べる事ができます。相手からのいいねは5人でした。2人だけお互いにいいねしてました(消防士含む)。

気まずいです。消防士に対するいいねと、消防士からのいいね。これは何なんだろう、お情けいいねかな?とかいろいろ考えました。

カップル希望~イベント終了

いいねアピールタイムから時間をおかずに、カップル希望タイムです。確か第5希望くらいまでカップルになりあたい相手を選べたかと思いますが、なんせ筆者は小心者です。もう疲れました。帰りたいです。

ということで、希望ゼロで提出。

結果発表。当たり前ですが、カップル成立しませんでした(消防士、すまん)。最終的にカップル希望を私宛てに出してくれた方の番号と名前(苗字)が表示されます。相手が第何希望で出したものだったのかはわかりません。正直、消防士以外の名前は覚えてませんので、誰が私に希望を出してくれたのか、さっぱりでした。

そのままイベント終了です。男性が先にイベント会場を出ます。その時に消防士に軽く挨拶されました。ごめん、君は悪くないよ。カップルが成立した男性は、会場の入っている建物の出口で待ち、相手の女性が出てくるのを待つシステムです。

「はいじゃあ女性の方も、おつかれさまでした~」的な事を言われ、早々に会場を後にした私。建物の外では、カップル成立した男性3名が待っていました。弁護士、IT男子、おされ男子でした。おのおのに駆け寄っていく女性、よかったな(しみじみ)。

連絡先交換

恵比寿を早々に退散し、地元に帰っていつものカフェで心を落ち着けます。その時、パーティーパーティー事務局からメールが届きました。私に連絡先を教えたい!という猛者達のアドレスと名前(苗字のみ)が書いてありました。3名です。不思議なことに、消防士の名前はありませんでした。やはり、お情けカップル希望だったのでしょうか。そうなんでしょう。

これにて、初めてのお見合いパーティー終了です。

感想

結論、行ってよかった(社会経験的に)。数は少ないですが、参加者全員と1対1の会話ができること、個室でお話できること、これが合う人は合います。わたしは初対面の人とはある程度ぺらぺらと話せるので、この環境はとてもよかったですね。進行自体も無駄がなく、流れや内容に不満はなかったです。

連絡先交換は、わたしは誰ともしなかった(自分のアドレスを誰にも教えなかった)のですが、これは失敗でした。ワンタップで連絡先を教える事ができるので、少しでもいいな、とか、メールだったらやりとりしていいな、と思ったら交換するのをお勧めします。

気になったところは、やはり最初から最後まで相手の方が真隣にいることです。最後の”いいねアピール”と”カップル希望”提出の時くらいは別にしてほしかったです。なぜなら気まずすぎる!気使う!

今後ですが、まだリカバリーできていない部分もあるので、もう少し時間を置きたいと思います。が、普段接することのない職業の方と話すだけでも楽しかったです。そんな社会勉強的な意味で参加しようかな~なんて思ったりもします(ただの逃げ道)。

以上、パーティーパーティーに初めて参加した感想でした!

 

イベントの登録はこちらから!!▼▼

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

田舎者

一番好きなアニメ、漫画は名探偵コナンです。最近の日課はお風呂につかりながらアニメ(コナンおよびその他)を見ることです。素人目線で率直な感想を述べていきます

最近のコメント

    

    sponsored link