役に立つかどうか分からないあれこれ

冬季オリンピック種目の世界記録まとめ(チームパシュート・小平奈緒など)

time 2018/02/19

現在平昌オリンピックが大盛り上がりの最中ですね。私も時間の許す限り様々な種目をテレビで拝見しております。生まれ変わったらオリンピック金メダリストになりたい…。なんて来世の人生を予約しているような日々です(幼少期に長野オリンピックを見て、モーグル選手になりたかった。ちなみに雪は修学旅行で初めて見ました)。

そこで気になった、世界記録(及びオリンピックレコード)。冬季はタイムで測れない競技も多いと思うのですが、人類は進化を遂げる中で長らく破られていない世界記録はあるのか。はたまた日本人が持つ世界記録はあるのか。まとめてみました。

冬季オリンピック大会一覧


出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Winter_olympics_all_cities.PNG

  大会 開催国 参加国 種目数
第1回 1924 シャモニー 欧州 フランス 16 16
第2回 1928 サンモリッツ 欧州 スイス 25 14
第3回 1932 レークプラシッド 北米 アメリカ 17 14
第4回 1936 ガルミッシュ=パルテンキルヒェン 欧州 ドイツ国 28 17
第5回 1940 札幌 アジア 日本 中止  
第5回 1944 コルチナ・ダンペッツオ 欧州 イタリア王国 中止  
第5回 1948 サンモリッツ 欧州 スイス 28 22
第6回 1952 オスロ 欧州 ノルウェー 30 22
第7回 1956 コルチナ・ダンペッツオ 欧州 イタリア 32 24
第8回 1960 スコーバレー 北米 アメリカ 30 27
第9回 1964 インスブルック 欧州 オーストリア 36 34
第10回 1968 グルノーブル 欧州 フランス 37 35
第11回 1972 札幌 アジア 日本 35 35
第12回 1976 インスブルック 欧州 オーストリア    
第13回 1980 レークプラシッド 北米 アメリカ 37 38
第14回 1984 サラエボ 欧州 ユーゴスラビア 49 39
第15回 1988 カルガリー 北米 カナダ 57 46
第16回 1992 アルベールビル 欧州 フランス 64 57
第17回 1994 リレハンメル 欧州 ノルウェー 67 61
第18回 1998 長野 アジア 日本 72 68
第19回 2002 ソルトレークシティ 北米 アメリカ 78 78
第20回 2006 トリノ 欧州 イタリア 80 84
第21回 2010 バンクーバー 北米 カナダ 82 86
第22回 2014 ソチ 欧州 ロシア 88 98
第23回 2018 平昌 アジア 韓国 92 102
第24回 2022 北京 アジア 中国    

 

やはりヨーロッパ・欧州が9割以上を占めています。1924年にフランスで開催されたシャモニーオリンピック(第1回冬季オリンピック)は16か国・16種目で競技が行われました。大会は12日間にわたって行われました。日本も参加を検討していたのですが、前年に起こった関東大震災の影響により参加を見送ったそうです。

やはりなんといっても長野オリンピックですね。日本中が夢中になりました。今でもジャンプ団体戦の動画をよく見るのですが、満員の観客の完成とチアホーンの響き。熱くなります。

第1回のシャモニーオリンピック競技一覧

・アイスホッケー
・カーリング
・クロスカントリースキー
・スキージャンプ
・スピードスケート
・ノルディック複合
・フィギュアスケート
・ボブスレー
・ミリタリーパトロール(現在でいうバイアスロン)

なるほど、渋いですね。

平昌オリンピックの競技一覧

1)スキー
 ・アルペン
 ・クロスカントリー
 ・ジャンプ
 ・ノルディック複合
 ・フリースタイル
 ・スノーボード
2)スケート
 ・スピードスケート
 ・フィギュアスケート
 ・ショートトラック
3)アイスホッケー
4)バイアスロン
5)ボブスレー
 ・ボブスレー
 ・スケルトン
6)リュージュ
7)カーリング

ここから、種目がさらに分かれますね。スピードスケートなら500メートル・1000メートルなどです。

冬季オリンピック種目の世界記録一覧

男子

  種目 選手 国名 記録 日時 場所
スピードスケート 500m パヴェル・クリズニコフ ロシア 33秒98 2015年11月20日 ソルトレイクシティ
500メートル×2 ロナルド・ムルダー オランダ 1分08秒26 2017年2月25-26日 カルガリー
1000メートル シャーニー・デービス アメリカ 1分06秒42 2009年3月7日 ソルトレイクシティ
1500メートル シャーニー・デービス アメリカ 1分41秒04 2009年12月11日 ソルトレイクシティ
3000メートル エスキル・エルビク  ノルウェー 3分37秒28 2005年11月5日 カルガリー
5000メートル スベン・クラマー オランダ 6分03秒32 2007年11月17日 カルガリー
10000メートル テッドヤン・ブローメン カナダ 12分36秒30 2015年11月21日 ソルトレイクシティ
チームパシュート スベン・クラマー
コーエン・フェルバイ
ヤン・フロクハイゼン
オランダ 3分35秒60 2013年11月16日 ソルトレイクシティ
ショートトラック 500メートル シャルル・アメラン カナダ 40秒770 2010年2月25日 バンクーバーオリンピック
1000メートル シャルル・アメラン カナダ 1分23秒407 2018年2月13日 平昌オリンピック
1500メートル イム・ヒョジュン 韓国 2分10秒485 2018年2月10日 平昌オリンピック
5000メートルリレー ファン・デホン
キム・ドギョム
クァク・ユンギ
イム・ヒョジュン
韓国 6分34秒510 2018年2月13日 平昌オリンピック

女子

  種目 選手 国名 記録 日時 場所
スピードスケート 500メートル 李相花 韓国 36秒36 2013年11月16日 ソルトレイクシティ
500メートル×2 小平奈緒 日本 1分13秒55 2017年2月25-26日 カルガリー
1000メートル 小平奈緒 日本 1分12秒09 2017年12月10日 ソルトレイクシティ
1500メートル ヘザー・リチャードソン アメリカ 1分50秒85 2015年11月21日 ソルトレイクシティ
3000メートル シンディ・クラッセン カナダ 3分53秒34 2006年3月18日 カルガリー
5000メートル マルティナ・サーブリーコヴァー チェコ 6分42秒66 2011年2月18日 ソルトレイクシティ
チームパシュート 佐藤綾乃
高木美帆
高木菜那
日本 2分50秒87 2017年12月8日 ソルトレイクシティ
ショートトラック 500メートル チェ・ミンジョン 韓国 42秒422 2018年2月13日 平昌オリンピック
1000メートル バレリー・マルテ カナダ 1分28秒771 2014年2月18日 ソチオリンピック
1500メートル 周洋 中国 2分16秒993 2010年2月20日 バンクーバーオリンピック
3000メートルリレー 范可新
韓雨桐
曲春雨
周洋
中国 4分05秒315 2018年2月10日 平昌オリンピック

 

いかがでしょうか。採点競技の多い冬季オリンピック競技の中で、スピードスケートはわかりやすいですよね。こうしてみると全てが2000年以降の記録です。人類の進歩(心身・技術ともに)が伺えますね。

フィギュアスケート(パーソナルベストランキングSPとFS合計)

※2018/2/23行進

  順位 選手 大会 得点
男子 1位 羽生結弦 GPファイナル2015 330.43
2位 宇野昌磨 ロンバルディア杯2017 319.84
3位 ハビエル・フェルナンデス 世界選手権2016 314.93
4位 ネイサン・チェン 四大陸選手権2017 307.46
5位 ボーヤンジン 世界選手権2017 303.58
6位 パトリック・チャン GPフランス大会2013 295.27
7位 デニス・テン 四大陸選手権2015 289.46
8位 町田樹 世界選手権2014 282.26
9位 ミハイル・コリヤダ 国別対抗戦2017 279.41
10位 高橋大輔 国別対抗戦2012 276.72
  順位 選手 大会 得点
女子 1位 エフゲニア・メドベージェワ 国別対抗戦2017 241.31
2位 アリーナ・ザギトワ 平昌オリンピック2018 239.57
3位 キム・ヨナ バンクーバーオリンピック2010 228.56
4位 アデリナ・ソトニコワ ソチオリンピック2014 224.59
5位 宮原知子 GPファイナル2016 218.33
6位 三原舞依 国別対抗戦2017 218.27
7位 ケイトリン・オズモンド 世界選手権2017 218.13
8位 樋口新葉 ロンバルディア杯2017 217.63
9位 カロリーナ・コストナー ソチオリンピック2014 216.73
10位 浅田真央 世界選手権2014 216.69

 

大人気、フィギュアスケートです。私はフィギュアといえば真央ちゃんです。バンクーバーオリンピックは授業をさぼって友人とテレビ中継にくぎ付けでした。そんな当時女王だった真央ちゃんも、宮原選手・三原選手・樋口選手よりもポイントは低いんですね。それでも真央ちゃんが好きです。

おまけ

①スキージャンプ 飛形点満点

選手 飛形点 大会
1 アントン・インナウアー 20.0 ジャンプ週間第一戦 オーベルストドルフ 1976
2 船木和喜 20.0 長野オリンピック 1998
3 ウォルフガング・ロイツル 20.0 ジャンプ週間第4戦 ビショフスホーフェン 2009

 

②スノーボード ハーフパイプ 得点満点

選手 特典 大会
1 ショーン・ホワイト 100.0 WINTER X GAMES 2012
2 ショーン・ホワイト 100.0 FISワールドカップ 2018

 

採点競技の中で、日本人に親しみがあり、かつ有名なのはやはりこの2競技でしょうか。そのほかにもモーグルやスノーボードスロープスタイルなど採点競技はまだまだあります。…が、満点獲得者を調べ上げることができませんでした。そして是非、平野歩選手に100点満点を取っていただきたい。

 

いかがでしたでしょうか。これからどんどん冬季種目の日本人が活躍されることを期待しています!

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

田舎者

一番好きなアニメ、漫画は名探偵コナンです。最近の日課はお風呂につかりながらアニメ(コナンおよびその他)を見ることです。素人目線で率直な感想を述べていきます

最近のコメント

    

    sponsored link